[失恋から復活!!] 失恋から立ち直る方法

[失恋から復活!!] 失恋から立ち直る方法

失恋から立ち直る方法

 

失恋なんて誰でも経験があることでしょう。片思いの彼に対して、彼氏に対してなど失恋する場面なんて生活の中に沢山あります。それでも皆立ち直って普段の生活通り毎日を送っていることでしょう。

 

失恋から上手に立ち直る方法なんてあるのか?と言えば絶対にあるとは言えません。だって人を好きになる重さなんて皆同じではないのですから。それでもより早く失恋から立ち直ることができる方法はあるはずです。

 

今回はそんな失恋の立ち直る方法をみていきましょう。

 

 

失恋の痛みはみな同じなの?

 

「私の方が」「いや俺の方が」なんて言葉をよく使う人がいますが、物で表現できるのであれば大きさや重さも比べられるかもしれません。

 

ゾウとアリはどちらが重いのかなんて聞けば必ずゾウだと答えますが、失恋は重さや大きさで比べることのできないもの。感情の重さや強さなんて人それぞれで痛みも同じなんです。

 

ただ失恋を槍だと仮定して、それが心に突き刺さる速度や重さ、形は同じだとしても、突き刺さった先にあるものが違うからこそ失恋というものを図ることができる私はそう思っています。

 

スポンサーリンク

 

失恋 → 彼を忘れる良い方法とは?

 

失恋から上手に立ち直ることができない人は、恋愛という心のバリアが豆腐のように柔らかくもろい。突き刺さった槍は同じでも感じる痛みは違います。

 

上手に立ち直ることができる人は、恋愛と言う心のバリアが鉄のように固い人。だからこそ失恋しても上手に立ち直ることができるのです。受ける痛みはみな同じ。感じる痛みの重さが違い心に残る傷跡も違います。

 

上手に失恋から立ち直る方法とはそんな、心のバリア機能の強さにあると考えます。

 

 

人生80年、たった一度の失恋で崩れてしまう人生なのか?

 

失恋から早く立ち直る為にはまず人生を基盤に考えた設計を想像しましょう。学校を卒業して就職、自立して家庭を持ち子供を育て人生と言う長い帰路を歩いている中で、失恋という二文字の停車駅に立ち止った時、そこからまた前に進むことはできないのでしょうか?

 

答えはNOです。人生80年、たった一度の失恋じゃ人生なんて終わりません。自ら命を絶ってしまう方もいますが、失恋はそんな1度の挫折で人生が崩れてしまうほど大切なことではないんです。

 

だってそうでしょう?たった2年付き合った人の為に、この先40年50年以上付き合うことになるかもしれない未来の恋人を自ら捨てることなんですから。

 

一人に捨てられたらもうこの先終わりですか?そう思うなら恋愛はしないことです。まだまだ先があって楽しいことや幸せなことを実感することができる。そう信じることが失恋から立ち直る方法の第一歩だと思います。

 

 

失恋は時間が解決してくれるもの

 

立ち直る方法をいくら探しても見つからない!そんな人でも上手に失恋から立ち直っているケースが多い。それはなぜかと言えば、時間が解決していると言えるでしょう。「待って」と言っても時間は待ってくれません。「今は動けない」とどれだけあがいても時間は刻一刻と進んでいき、時計の針はあなたの人生の終わりを告げる鐘を常に慣らしている状態です。

 

耳を澄まして時計の針の音を聞いてみて下さい。「カチ、カチ、チク、タク」そんな時計の音は、あなたの人生終了のお知らせをしてくれる良いアイテムなのです。

 

時計の音を聞くと私は落ち着きます。チクタクという音を聞けばなにもしなくても、思い描いたものではないかもしれませんが未来という自分に1秒、また1秒と変わっていっているのです。

 

あなたが今すべきことはなんですか?という質問に答えられたとしても「今」と言った時点でそれは未来のことであり、あなたが最もしなければいけないことは数秒先の未来に必ず待ち受けているのです。

 

辛いでしょう、悲しいでしょう。それでも時間は待ってくれないので、時間の無駄遣いをするより早く立ち直って次へと進んだ方がより良い人生を送ることができるのですよ。